トップ スポーツジムガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

スポーツジムガイドフィットネス~準備編 > 入会時に注意すること

入会時に注意すること

入会時に注意することの画像

申し込み用紙に記入し入会金を支払えば入会は完了である。

フィットネスクラブを訪れたその時に入会ができるケースがほとんどであるが、気軽であるとはいえ入会は契約の一種であるから簡単に入会してしまうものではない。

入会に関する規約には十分目を通すこと。

万が一フィットネスクラブの中で事故や盗難が発生した場合の責任の所在。

会員の継続に関する規約。

こちらに非がある場合の事故の補償など。

気軽に入会できるとあって規約なんて見たことが無いという人も多いようだが注意したいところである。

実際にフィットネスクラブと利用者の間で起こるトラブルのほとんどは、入会時の規約に解決策が記載されているもの。

「効果が出ない」と文句を言う人は意外と少なく、むしろ事故や盗難に関してトラブルが大きく発展してしまうようだ。

このようなケースは入会金が無料のキャンペーンを利用した場合に多い。

入会金が必要ないのだからと簡単に入会してしまい、後のトラブルにつながる。

気持ちよく効果的にフィットネスクラブを利用するには最初が肝心である。

また、都合でプログラムに参加できなかった場合には代わりのレッスンを受けることができるのかを確認しておこう。

スパやシャワールームの利用やタオル類の貸し出しについても説明を受けるはずであるから、一言一句聞き逃しの無いように。

そして、自分自身の健康については自分が注意するしかないのだから、健康に不安がある場合には入会前に医師に相談しておこう。

入会後に医師にフィットネスを止められたというケースも多いようである。

自分は大丈夫という過信が大きな事故につながりかねないのだから慎重に。

フィットネスクラブの側も持病を持っている人に対しては慎重である。

診断書の提出を義務付けるフィットネスクラブもあるようだ。

いずれにせよ、入会を「契約」と考えれば慎重にならざるを得ないのではないか。

あまりにも気軽に入会してしまう人が多いので気をつけたい。

スポーツジムガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 加齢に伴う体の変化

人間だれしも平等に年をとるものであって決して避けては通れない。 加齢は心身に大きな変化を与える。 外見だけでなく体の内側の内臓や骨、血管なども年齢によってだんだんと疲れてくる。 心も「自分は年をとったから」とマイナス思考になりがち。 しかし、これでは健康的に年齢を重ねるとはとてもいえない。 誰でも年をとるからといって諦めず、運動や健康的な食事、良い睡眠や趣味に打ち込む時間などを大切にすることによって、加齢の速度を遅くすることはできる。 事実、仕事以外に趣味として運動する時間

スポーツジムガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。