トップ スポーツジムガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

スポーツジムガイドフィットネス~入門編 > 年齢や職業による利用法

年齢や職業による利用法

年齢や職業による利用法の画像

10数年前までフィットネスクラブといえば、若い女性たちがスイムキャップをかぶりプールを何往復もする姿。

筋肉自慢の男性たちがフィットネスマシンで鍛える姿などが良く見られた。

健康志向というだけでは到底足を踏み入れることができない場所。

それがフィットネスクラブであった。

しかし今は違う。

この人が運動を?と思えるほどご高齢のご婦人がたが、まるでランチに出かけるようにフィットネスクラブに入っていく。

一昔前までには考えられない光景である。

このことからも分かるように、今やフィットネスクラブは厳しく体を鍛える場ではないということが分かる。

もちろん、体を鍛えたい人たちのためのマシンやプログラムも用意されている。

しかし、健康を維持したいという人のためのプログラムも用意されているのである。

例えば、プールの利用方法で考えてみよう。

プールのコースには、ウォーキング専用のコースが用意されている。

これは、泳ぐのではなく、水の抵抗を生かしながら水中を歩くことによって、無理なく筋力をつけて免疫力をアップさせるという体に優しいプログラムのためのものである。

年齢を重ねることによって体の筋肉は衰えていく。

このことで、体のあちこちに痛みが生じたり思うように動かなくなったりしてしまうのだ。

かといって、いきなりの激しい運動はかえって逆効果であるから、現在の体力や年齢に応じた運動が必要となる。

また、日頃仕事で忙しくて日中は利用できないという人のために、最近では朝早くから深夜までオープンしているフィットネスクラブも増えてきている。

出社前にひと汗かいて。昼の休憩時間を利用して。

仕事帰りのリラックスに、などなど。利用する人の状況に応じて気軽に訪れることのできる空間となっている。

また、早朝深夜や週末だけの利用の場合には月額の会員料金が安く設定されていることもあるので、「同じ金額を払っているのだからたくさん行かなければ」という焦りも無い。

スポーツジムガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 生活習慣病(1)

ひと昔前までは「成人病」と呼ばれていた「高脂血しょう」「糖尿病」「ガン」「脳卒中」は、今では「生活習慣病」という呼び方がすっかり定着している。 聖路加病院の日野原医師が「成人病の原因は生活習慣にある」と提唱したことからこの呼び方に変わっていった。 入院保険の補償内容の説明の中で「3大成人病」とか「4大生活習慣病」と目にしたことがある人も多いだろう。 多くの保険会社で現在の日本人の死亡原因のトップである「脳卒中」「ガン」「心筋梗塞」を補償の対象となる成人病と定義しているが、生

スポーツジムガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。