トップ スポーツジムガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

スポーツジムガイドフィットネス~入門編 > フィットネスの効果

フィットネスの効果

フィットネスの効果の画像

さて、フィットネスクラブに入会したからには何らかの効果が表れなくては面白くない。

面白くなければ続かない。

これは当然のことである。

しかし、数式を解くのとは違って、体のことであるから結果が分かりにくく、私たちをしばしば挫折させてしまうのもフィットネスの奥行きというものか。

フィットネスの効果は、当然のことながら継続するかどうかで表れ方が違う。

一度のフィットネスで効果をうたうフィットネスクラブやスポーツジムがあれば、それは疑いの余地がある。

ダイエットにしても、筋力増強にしても、目的は違っても、今日や明日に効果が出るフィットネスなど存在しないと考えよう。

ダイエットの場合、エステに通った方が効果はあるのではと考える人も多いようである。

エステとフィットネスクラブ。

体重や体脂肪の減少といった最終目標は同じでも、途中経過は随分違う。

エステは体の表面に刺激を与えたり、食事を制限したりすることでダイエットを実現する。

食事制限については、摂取カロリーを控えることで体重や体脂肪を減少させるという理論に基づくものだ。

しかし、フィットネスクラブでは消費カロリーを重視する。

エアロビクスやマシン、水泳などで筋力をアップさせることで一時的に消費カロリーを増やすことはもちろん、筋肉を増やすことで基礎消費カロリーを上げる目的がある。

基礎消費カロリーをあげるということは、何もしていなくても消費するカロリーを増やすということ。

つまり、ただ立っている状態でも消費するカロリーを増やすのである。

基礎消費カロリーが増えると、今までと同じ食事内容でも摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば自然と無駄な体重は減るという仕組みだ。

運動は一切したくないという人は、エステがよろしいと思う。

しかし、筋力が増えるというフィットネスクラブの効果を考えると、それは決してダイエットという狭い範囲ではなく、体全体の健康という広い範囲での利点が大きいのである。

スポーツジムガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 事前に準備するもの

特に大がかりな準備は必要ないが、運動に適したウェアは用意しておきたいところ。 エアロビクスやヨガなど、プログラムによってはウェアの指定があるケースもあるので、事前にスタッフに確認しておこう。 ウェアの指定が無い場合はTシャツに短パンツで十分である。 高価なウェアを用意する必要はない。 最初に形から入るという人も多いと思うので自分の好みで選べばよいのだが、ダイエットを目的としてフィットネスを続けるつもりなら体型の変化も考えられるので、高価なウェアは後のご褒美として最初の投資は

スポーツジムガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。