トップ スポーツジムガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

スポーツジムガイドフィットネス~入門編 > 今どきのフィットネス

今どきのフィットネス

今どきのフィットネスの画像

バブルと揶揄された好景気に日本中が沸いた時期。

この頃にフィットネスクラブやスポーツクラブの数は頂点を迎えていた。

乱立されたといってもよいだろう。

しかし、バブル崩壊と共に経営が困難となり閉鎖したフィットネスクラブも多い。

現在ではフィットネスクラブの数は落ち着きを取り戻している。

一方で新規にオープンするフィットネスクラブもあり、現代人のニーズを上手く取り入れてトレンドを意識したフィットネスクラブが多いように思う。

フィットネスクラブの流行といっても、なかなかイメージしにくいところだが、流行を「傾向」と置き換えて考えてみると分かりやすい。

最近のフィットネスクラブの傾向としては、「営業時間の変化」が目立つ。

午前10時オープン・午後10時クローズという営業時間が一般的であったが、午前6時オープン、午前0時クローズなど、営業時間に大きな変化が見られるようになった。

アメリカでは早朝からのトレーニングは常識で、日本人もそれに倣っているのだろうか。

深夜にトレーニングとはストイックな印象を受けるが、一人の時間を大切にしたいという現代人のニーズには合っているといえる。

フィットネスクラブの傾向として、プログラムの変化も取りあげたい。

最近までフィットネスクラブは、「一生懸命鍛えたい人が行くところ」という意識が広がっていたようであるが、今は違う。一般の、普段運動をしたことのないような人。

スポーツ経験のほとんど無い人がフィットネスクラブに入会する時代である。

となると、当然のことながら、鍛えたい人のためのプログラムでは一般人はついていけないし、体を壊してしまう可能性も高い。

フィットネスクラブの側もその点に配慮したのか、「短時間で多彩な簡単な運動」を実現出来る一般向けのプログラムを用意するようになった。

このプログラムを「短・多・単(タン・タ・タン)」というそうで、日本中のフィットネスクラブの常識となっているようである。

スポーツジムガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ プロテインとアミノ酸

フィットネスクラブやスポーツ用品店ではプロテインが配合されたサプリメントやドリンクなどを目にすることが多い。 テレビや雑誌でも広告が掲載されているが、私たちの日常に必要な栄養素なのだろうか。 実はプロテインは筋肉量を効果的に増やすためのサプリメントである。 プロテイン=たんぱく質であり、肉や卵、豆腐やチーズなどに含まれている栄養素なのだ。 普段の食事からも十分に摂取できる栄養素ではあるが、食事で体内に摂取するプロテインの量はごくわずかで、生命活動を維持するためにすべて使われ

スポーツジムガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。